魔王になったので、ダンジョン造って人外娘とほのぼのする第1~6章

thanks!!!
https://studio.youtube.com/?utm_campaign=upgrade&utm_source=%2Fdashboard&utm_medium=redirect#/channel/UCdL01-QNgMmgErU_urcNl0A
その戦闘能力は元々世界最強レベルだったが、全体的に質が下がったこの時代においては最早一部の実力者以外は太刀打ち出来ないとされている。
覇道十二星天という直属の部下を持っていたが、全員が散り散りになってしまった為それを集めるべく旅に出る。
単騎で回復、支援、攻撃をこなせるが最も得意とするのは武器を用いた近接戦闘。と本人は言っているが普通に素手でも強い。
その中身は『エクスゲートオンライン』というゲームをプレイしていた日本の一般男性であり、ルファスは彼の育てた自キャラ。
突然ゲームの世界の、しかも200年後に来てしまった事で戸惑いを隠せない。
名前の由来は悪魔のマルファスとハルファス。

本来のルファスの性格は冷酷残忍。
人類の未来を憂う一方で敵対者には慈悲がなく、魔神族は女だろうが子供だろうが例外なく晒し首とした。
また、自らの敗北や女神による小細工を200年前の時点で予期していた節があり、何人かの部下にはあらかじめ命令を伝えて水面下で動かしている。
どこまで彼女が女神の真意と目的を掴んでいたのかは現状誰にも分からないが、それをルファスが理解した時がこの物語が最終ステージへ進む時である。

【ディーナ】♀
ルファスの参謀を務める女性。一応本作メインヒロイン。
海を溶かしたような淡い青色の髪を持ち、誰に対しても丁寧な口調で接する。
200年間の知識が欠落しているルファスを支え、彼女を陰ながら支援する心強い存在。
元々は拠点を建造した際に適当に配置した人型オブジェであり、固定名すらなかった。
――と、いうのは真っ赤な嘘。実際はルファスの部下などではなく、ルファス同様に現実から転移してしまった『テストプレイヤー』。
種族はハーフエルフであり、数多くの魔法を使いこなす。
また、魔神族七曜の一人である『ウェヌス』としての顔も持ち、魔神族を裏から操りルファスにぶつけていた。
しかしそれだけでは説明出来ない部分があり、ルファスは彼女を『女神のアバターか腹心の部下』と考えていた。
得意とする属性は水と金。
OK///DDD